閉館まで残り約1か月!一度はこの目で見ておきたい『PARIS オートクチュール展』が開催中!ディオールやシャネル、サンローランやバレンシアガの作品も展示中!

HauteCoutureaicatch
  • こEエントリーをEてなブックマEクに追加

2016年3月4日(金)から開催されている『PARIS オートクチュール展』。ファッション好きのカップルなら一度は見ておきたい、名だたるデザイナーの一点ものの作品が多数展示されています
シャネル(CHANEL)やクリスチャン・ディオール(Christian Dior)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ジバンシィ(Givenchy)、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、ジャン=ポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)などが生み出した、時代を映し出す美しいシルエットの数々。そして刺繍や羽根加工、コサージュなど、脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を名品を通してみることができます。
オートクチュール展
オートクチュール展

館内は撮影可能な展示スペースも

うれしいことに、館内は撮影可能な展示スペースもあります。撮影可能な展示物は約20点ほど。シャネル(CHANEL)やランバン(LANVIN)などの芸術品も展示されています。
オートクチュール展

※たくさん撮影したのですが、「営利目的の利用」ができないことと、「作品の写った写真を利用する場合、著作権法に触れる場合があります」との注意書きがありますので撮影した写真のアップは控えておきます。

唯一無二の作品

過去から現在に至るまで、あらゆる世代に認められ続けているデザイナーの刺繍や縫製、デザインや加工技術を見れる数少ない機会です!
価値あるデートとして女性を連れて行ってあげても喜ばれますよ。

【場所】
東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号美術館

【開館時間】
10:00〜18:00

【入館料】
一般 1,700円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円

【期間】
2016年3月4日(金)〜5月22日(日)

【HP】
http://mimt.jp/paris-hc/




関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る