ペイターズで会員をブロックする方法!ブロックするとどうなる?【paters】

公開日: 更新日:
ペイターズでブロックする方法

paters(ペイターズ)で会員をブロックする方法を紹介します。

また、併せてブロックするとどうなるのか確認しておきましょう。

paters(ペイターズ)

パパ活アプリ「paters(ペイターズ)」のダウンロードはこちらから。

アイコンpaters(ペイターズ)

ペイターズのブロックとは?

ペイターズでは、不快や出来事があったときや今後一切関わりを持ちたくないユーザーに対してブロックをすることができます。

ブロックする方法

ブロックしたい異性の会員ページの画面右上にあるメニューボタンをタップ。

メニューボタン

もしくはメッセージのやりとり画面にもメニューボタンがあります。【ブロックする】をタップです。

ブロックする

ブロックする理由を選択します。

理由

これでブロック完了です。

ブロック完了

なお、ブロックした会員は設定の【ブロックリスト】で確認することができます。

設定

こちらがブロックリストになります。【ブロックを解除】をタップすればブロックを解くことができます。

ブロックリスト

ブロックするとどうなる?

メッセージの送受信不可

メッセージの送受信ができなくなります。お互いで連絡を取り合うことは不可能になります。

メッセージが全て削除される

これまでのメッセージが全て削除されます。やりとり一覧からも削除されます。

足あと履歴から消える

足あとの履歴が削除されます。足あとからブロックした(された)ユーザーを追うことはできません。

検索結果に表示されない

検索結果に表示されなくなるので、メッセージや足あと以外からユーザーを探そうとしても不可能になります。

まとめ

ペーターズではブロックをする、もしくはブロックされた場合、お互いがアプリ内で完全に存在が消えた状態になります。

一切関わることは無いし、コンタクトを取ろうと思っても無理なので、ブロックした側の場合は安心して引き続きペイターズを利用することができます。



関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る