patersのプロフ写真でわかる地雷女4パターン!こんな女子は無駄な金がかかる。【ペイターズ】

公開日:
プロフィール写真

パパ活アプリ「paters(ペイターズ)」のプロフィール写真からわかる地雷女を紹介します。

今から紹介する特徴をプロフィール写真に設定している女子はちょっとめんどいかもしれないです。

paters(ペイターズ)

パパ活アプリ「paters(ペイターズ)」のダウンロードはこちらから。

アイコンpaters(ペイターズ)

patersのプロフィール写真でわかる地雷女

地雷女

【1】ゴリゴリのブランドアピール

プロフィールに写っているバッグや小物がハイブランドのアイテムで、しかもそれをわざわざ写真に写るようにしている女子はブランド思考が高い証拠です。デートはプレゼント目的で買い物に行かされることが多く、パパになっても余計な金がかかるだけです。

【2】SNOWの写真しかない

SNOWで修正した写真しか載せられない女子はブスの可能性が非常に高いです。また、輪郭や体型もごまかせるため、さらにデブの可能性まであります。結構注意です。

【3】キャバクラの宣材写真

明らかにキャバクラの宣材写真でしょって写真を設定している女子は、まさしくキャバ嬢です。副業としてパパ活をしていることが多いです。

【4】服装がドレスコード

なぜかプロフィール写真をパーティーに行くようなドレスコードで決めている女子は、高級志向が非常に強い傾向にあります。シャンパンを持ってたらさらにアウトです。

仮にマッチングして出会った場合、行くところは当然高級レストランや高額な予算が必要となる場所を指定されます。また、そういった場所に行った経験もある程度あるので、連れて行ったところで感動のリアクションはありません。優越感に浸っているだけでしょう。結構質悪いです。

まとめ

もちろんこれが全ての女性に当てはまっているとは限りませんが、私がpatersを利用する際はこれらの特徴を持っている女子は完全に避けています。「いいね」が来たとしてもマッチングすることはないですね。

いくらパパ活といっても図々しい女子に無駄なお金をかける必要はありません。その辺の見極めは大事ですよ。

一緒に読みたい記事

・【男性向け】パパ活のやり方・はじめる方法!出会う方法・コツ・注意点を伝授します!



関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る