100均商品で即解決!スマホやPCに使うLightningケーブルを長持ちさせる方法!!

2
  • こEエントリーをEてなブックマEクに追加

iPhoneを充電したりPCと同期させたりする時に使うLightningケーブル

Lightningケーブルを長持ちさせる方法

iPhone購入時に付属されていますが、毎日の充電の中ですぐに断線してしまった経験はありませんか??
特に充電しながらiPhoneを操作する習慣のある人はケーブルの根本にとっても負荷がかかるので断線しやすいようです。

とはいっても、Apple純正だと2,200円と割と高額なLightningケーブル。

そんな悩みを解決してくれる商品が100均グッズにありました!

熱収縮する配線カバー

ダイソーに売っているこの熱収縮する配線カバーがiPhoneの根本を保護するのにぴったりとのこと!

配線カバー取り付け方

【用意するもの】
熱収縮する配線カバー、はさみ、ドライヤー

まず、チューブ状になっている配線カバーを2cm~3cmに切ります。

iPhone側の端子の方向からチューブ中にLightningケーブルを通していきます。

Lightningケーブルを長持ちさせる方法

写真の赤い部分のように、ビニールが破れやすい端子の根本の部分をちゃんと覆うようにセットします。

次に、チューブにドライヤーの熱を当てて、カバーを収縮させていきます。
※金属部分は特にとっても熱いので注意しながら行ってください。

カバーがぴったりとケーブルにフィットしたら完成!!!!

とっても簡単です♪

取り付け方を間違えると…

この方は、ドライヤではなくライターを使用し、ケーブル本体が溶けてしまったみたい。

もったいないだけじゃなくて、超危険!!!!!絶対に真似しないでください!

家のドライヤーがパワフルなものでなかったら、根気よく当て続けてください。

ちょっと自分のケーブルもビニールが破けてきて危ないぞ!?というあなた!!

たった108円でできる保護法をお試しください!

関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る