鴨好きの鴨好きによる鴨好きの為のお店『na camo guro』!一度通えば鴨のトリコになること間違いなし!

8a
  • こEエントリーをEてなブックマEクに追加

ここは「一般にもっと鴨を広めたい」と言うコンセプトの上に誕生した鴨料理専門店。山形にある自社のファームで育てた鴨のみを提供するという徹底ぶりです。 鴨好きなら避けて通ることはできません!いざ、訪問です。

これが入り口!?

東急ストア中目黒本店の前ですが非常に入り口がわかり辛いっ(汗)。青い扉と右上の名前が目印!
nacamoguro

お店に入ると、呑んだくれの鴨がお出迎え?

遊び心満載です^^
nacamoguro

また、お店の中はカウンターメインですが、テーブル席も1ボックスあります。更にそれとは別に4人用/6人用の個室(ぶち抜けば10人用で使える)があり、使い勝手は良さそうです。

お店自慢の鴨すきコース

前菜

今回は「まずは食べて頂きたい」と店舗が自信を持ってお勧めする「鴨すきコース」を注文!前菜3種類は左から鴨ポタージュ、鴨生ハム、鴨リエット&白レバーパテの最中と、既に鴨三昧!
nacamoguro
特に最中が秀逸です。最中の軽い食感の後にやってくる濃密な舌触りと香りが、否が応でもこれからの料理を期待させてくれます!
nacamoguro

季節の野菜

季節の野菜をバーニャカウダスタイルでシンプルに頂きます。隣のディップはトマト味噌なるもので、トマトの酸味と味噌の甘みが見事にマッチした逸品。
nacamoguro

鴨たたき 葱まみれ

途中で追加注文した「鴨たたき 葱まみれ」。本当に葱まみれです。
nacamoguro
中から鴨を取り出してみました。たたきなので当然ですが、かなりレアな仕上がりです。炭火の香りや鴨の香りが絶妙で、一口一口が非常に濃密なのですが、しつこさは感じません。鴨と葱の良い所を最大限に発揮したメニューです。「鴨が葱を背負って来る」とはこのことだったんですね。
nacamoguro

フォアグラ鴨メンチ

こちらも追加注文。サクッとした衣のすぐ裏側には鴨肉が!更にその奥中央に鎮座するフォアグラが味覚と嗅覚を刺激します。熱で肉汁や脂が落ちてしまうので、提供されたらなるべく早く頂きたい。
nacamoguro

鴨串焼き3種

コースメニューに戻ります。鴨串焼き3種は、それぞれの良さが最大限に引き出されています。
1本目はオーソドックスな胸肉。レモン塩・オレンジマスタードで頂きます。
nacamoguro
2本目はモモ肉。普通の焼き鳥に一番近いですが、やはり鴨独特の甘みが特徴的です。
nacamoguro
3本目はつくね。コリコリした食感は砂肝によるものらしい。鴨をここまで複数部位で食べられる店舗もそう多くないと思います。
nacamoguro
上記のたたきもそうですが、このお店は炭焼きの塩梅が最高です。炭火の香りの纏い具合が絶妙です。

鴨すき

串の後はいよいよメインの鴨すき。新鮮な鴨をレア目に焼いて、鴨脂をふんだんに含んだ特性のタレで頂きます。肉が鴨とは思えない程柔らかい!また、その他の野菜も調理の過程で出た鴨脂に絡めて調理します。
nacamoguro
お勧めの目玉メニューなのも納得です。全てが鴨に支配されるこの時間は、鴨好きなら絶対に体験したい至福のひとときです。
nacamoguro

ご飯

一通り食べた後、突然ご飯が。「もしお腹に余裕があれば・・・」との事らしいですが、このご飯を残りのタレに絡めて究極のTKGを食べて貰おうという図らいです。美味くない訳がありません。
nacamoguro

酒肴の盛り合わせ

鴨すきが終わり、次は酒肴の盛り合わせ。こちらは日替わりで内容が変わるそうです。全体的にサッパリしたメニューで〆に向けて舌を整えます。
nacamoguro

〆はラーメンまたはカレー

鴨すきコースの場合、〆はラーメンかカレーが選べます。ラーメンはスープが秀逸で、鴨の出汁や脂を存分に堪能出来ます。
nacamoguro
カレーも素晴らしい。普通、カレーはどんな食材でもスパイスで「カレー味」になってしまいがちですが、鴨の強烈な脂が逆にカレーをコントロールしています。
nacamoguro

どっちにしようか迷うこと間違いなしです!

デザート

最後にちょっとした甘味。今回はコーヒーゼリーの黒豆載せでした。
nacamoguro

再訪確実のパフォーマンス!

鴨好きでもそうでなくても絶対に行った方が良いクオリティです。鴨の脂に対する可能性をひしひしと感じられました。また、炭火焼きの技術が高く、心地良い香りの料理が楽しめます。
ドリンクも鴨に合う日本酒・ワイン等が各種チョイスされていて言うことなしです。
コスパもかなり良く、コースは4000円で、一品料理も1000円前後。ドリンクを計4杯を飲んでも会計は2名で12000円程度(チャージ・サービス料なし!)。
店内は程よい活気と丁度良い薄暗さがあり、気心の知れた友人と行くのも良し、デートで使うのも良しの良店です。店員さんも非常にフレンドリーで、鴨について色々と教えてもらえました。

【メンズアクティブ評価/5段階】
4.0
【評価コメント】
フレンドリーな店員さんといい感じの活気があるお店。居心地の良さはデートももってこいです。
【平均予算】
6000円/人
【営業時間】
平日  18:00~23:00
土日祝 17:00~23:00
【場所】
東京都目黒区上目黒1-20-5 エーワンビル2F
【アクセス】
中目黒駅より徒歩1分
【MAP】




関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る