『瓢六亭(ひょうろくてい)』、うなぎ本来の味がそこにはある。福岡で愛されるうなぎの「せいろ蒸し」が東京進出!

hyourokutei
  • こEエントリーをEてなブックマEクに追加

2015年11月にオープンしたばかり。
『瓢六亭(ひょうろくてい)』は、鰻を蒸さず、鰻本来の香りと旨味を引き出す地焼き鰻が自慢のお店だ。

渋谷駅からはちょっと離れているが、まるで古民家のような作りの店内でくつろぎの空間を演出している。

瓢六亭

メニューはこんな感じ

瓢六亭
瓢六亭
瓢六亭

鰻の前に一品料理を食す

北海道生タコ

瓢六亭

贅沢に厚切りされた生タコは、味も濃くめちゃくちゃ柔らかい。サイドに吸盤が付いていたのも食感のコントラストを楽しむには嬉しい。

あん肝

瓢六亭

冬の時期と言ったらこのあん肝。
下処理がしっかりされている為、臭みなどは一切なく脂と旨味が濃厚な味わい。ポン酢も程よい酸味でちょうど良い。

蟹サラダ

瓢六亭

メインの蟹、水菜、トマト、大根と内容はシンプルな感じだが、上に乗っている生姜がアクセントに。ドレッシングも素材の味を邪魔せず口当たりもかなり良い。メニューの名前の通り「蟹」がたくさん入っているのも◎!

ここから鰻!

う巻

瓢六亭

味付けが甘すぎず出汁が効いた玉子。しっかりと焼き上げられた鰻と玉子の組み合わせはハズれるわけがない。

串五本盛り

1,800円
瓢六亭

たんざく(正肉)・くりから・肝・しっぽ・えり。

もちろん1本づつの注文は可能だが今回は5本盛りをチョイス。

かなり香ばしく焼き上げられており、それぞれの焼き上がりのタイミングも逃していない。うなぎの色々な部位を食べられるのも、捌いて直ぐに提供できるお店だからこその楽しみ。

開き二種盛り(白焼・かば焼き)特上

4,800円
瓢六亭

「白焼き」は皮面がカリカリに焼いてあり、身はフワフワ。鰻の脂は身のくぼみに溜まるぐらい乗っていたが、臭みやくどさは一切なし。

一方、「かば焼き」はと言うと白焼きと同様の焼き具合でありながら、タレ焼き特有の香ばしさと勘違いした苦味などは一切ない。味付けもすっきりとした甘さで、つまみで食べるには最高の塩梅。

来たぜ!うな重!!

うな重せいろ蒸し 特上

4,800円
瓢六亭

瓢六亭がオススメの「せいろ蒸し」。紅の重箱で登場だ!!

瓢六亭
瓢六亭

この「せいろ蒸し」という独特の製法は福岡県の柳川地方特有の食べ方で、ご飯には既にタレがまぶしてあり、その上に香ばしく焼き上げたかば焼きを乗せて、さらに軽くせいろで蒸し上げる一品。檜の香りもご飯に移っており、最後までアツアツで食べられるのが嬉しい。

ただこれ、本当に熱いので注意!

瓢六亭

ライスオンザうなぎオンザライスオンザうなぎ!!そして、ご飯一粒一粒にタレがコーティングされている。

ひつまぶし(特上)も追加!!

一通りうなぎを堪能したけど、どうしても、どうしてもひつまぶしが食べたい!!!

ということで、頼んじゃいました。

瓢六亭

ご存知の通り、3通りの食べ方が楽しめるひつまぶし。
そのままで美味しいのは言うまでもないけど、ダシをかけて食べた時の衝撃はハンパじゃない!

結構お腹いっぱいのはずなのに、ワサビとあっさりとしたダシのおかげでスイスイと食べれちゃいました。

名古屋にわざわざ行かなくてもこんな美味しいひつまぶしが渋谷で食べれるなんて最高ですよ。

瓢六亭(ひょうろくてい)

【メンズアクティブ評価/5段階】
3.6

【評価コメント】
行くならお金は気にしない方がいい

【平均予算】
5,000~8,000円

【営業時間】
11:30~14:30、18:00~23:00

【場所】
東京都渋谷区南平台町17-13

【アクセス】
渋谷駅から徒歩10分くらい

【MAP】

関連記事

新着記事一覧

ページ上部へ戻る